WEBディレクターの評価

今回は、愚痴めいたディレクターの評価の話です。

ディレクターは、名乗るのも自由ですし、会社によっては、単なる役職として指名されることもあります。
なので、何を基準にしていいか悩みながら仕事しているディレクターがたくさんいます。

ディレクターの仕事は、本当に評価されにくい。そもそも基準があいまいなのですから、上手くいって当たり前、上手く行かなければ詰められる。ちょっと残念なお仕事です。

ページ自体は、できて当たり前のことなので「誰でも出来るんじゃん」「いらないんじゃない」とまで言われたり、「楽しやがって」とか「おいしい処だけ持って行きやがって」なんて陰口も聞かれます。

なぜ、WEBディレクターの評価は難しいのでしょう?
・進行管理と品質管理がごっちゃになって雑用係に見える。
・機能性(使いやすさ)とか数値にしにくいものを扱っている。
・WEBディレクターの影響の範囲が限定されることが多い。
・同じ条件で、違うものを作ることが少ないので比較できない。

評価しようにも比べることが難しい。

そうなると・・・頑張っている人、常に忙しくしているのがいいのか?

「ディレクターが忙しい」って、だめな仕事ではないでしょうか?

あなたは、「管制塔がフル稼働の空港」は怖いと思いませんか?
常にフル稼働で、管制官もテンパっていたら、怖くてしょうがありません。

それじゃあ、誰も評価なんてできないじゃん・・・・
WEBは広告なので客観的な数字をベースに予算や期間、制作プロセスを参考に自分自身で評価していくしかない。

より良い仕事のために、振り返ることは必要ですが、他人の評価で悩むぐらいなら、気にしない方が良いかもしれません。
他人の評価ではなく
・目的は達成できたか?
・新しい事はできたか?
・妥協しなかったか?
・効率的だったか?

自分自身で「厳しく」評価すること以外ないのです。
私自身100%の仕事なんてできたことがありません。
そんなことが出来たら面白くなくなって、やめてしまうのではないか?とさえ思っているくらいです。

心の病気にならない程度に、ストイックに自分を見つめることができないと続けることができない仕事が、WEBディレクターなのかもしれません。

「楽な仕事」をしているのと、「仕事を楽にしている」のでは、然違います。

ディレクターの評価って難しいと思いませんか?
経験を持った先達しか判らないのでは?

さて、今日も楽に仕事をして帰ります。
では、また。