ただより高いモノはない。


最近 多言語化のお仕事やご相談が増えていて、
無料の自動翻訳について考察してみました。

無料サービスは
○セット販売 ・直接的内部相互補助モデル
○広告に関する・第三者広告料モデル・第三者手数料モデル
○ランク別販売・グレード フリーミアム・モデル(フリー&プレミアム・モデル)
○多数のユーザを前提とする・贈与経済モデル
これらのハイブリッド・モデルで存在しています。
詳しくは他のサイトを参考に調べてみてください。

沢山の無料サービスを提供しているGoogleの場合は・・・・
多くのサービスと多数のユーザをもっていて
常に実験的なことを行いっています。

そのサービスの市場調査だったり、ビジネス全体の流れや
それに関するデータの確保をするためのツールとして
無料サービスの提供は意味を持ちます。

直接的内部相互補助モデル・・贈与経済モデルのハイブリット
顧客の囲い込みということもあるとおもいます。

Googleは「サイト翻訳のサービス」を更新せずにシュリンクしました。
今後のAi開発やビックデータの取得のためには、
個人向けの「翻訳サービス」は価値あると思います。

推測ですが、「サイト翻訳サービス」は「ランク別販売」以外で
サービス提供の継続は厳しく、無料と言っているものに関しても
いつ有料化されるかの保証もないことになります。
(Cromeで翻訳できるのにサービス自体必要ないとの判断もあるかも・・・)

今、無料のサービスを見つけてきたところでいつ有料になるか?
いくらになるかわからない?といったことになり
現状金額が明確に提示されているものよりも
リスクがあることになります。

簡単に採用して、のちの工数を考えると
「ただより高い物はない」といったことに・・・・よく言ったものです。

え?このサイトも・・・気が付きました。
自動翻訳入れてみました
個人サイトなので有料になったら・・・諦めます(笑)
では、また