In(イン) と Out(アウト)

データ処理に関して、すごく基本的な話かもしれませんが・・・

開発が絡む案件では、口癖のように「InとOut」と言っています。
「どんなデータがInしてどんなデータがOutしているか」さえ掴めれば
大概のシステムは怖くもなければ難しくもない。

WEBディレクターは、開発チームとの連携で、渡り合うことがあります。
どのデータをどこで誰が処理するか、すったもんだします。

一番怖いのは、お互いに相手がやると思い込む「ポテンヒット」。
納期に近づいて詳細が詰まっていくと、いつの間にやら、
フロント側への作業依頼が増えている・・・・・
最終ゴールは一緒なので創らざるおえないのだが、 こちらはこちらで予定の作業がある
おいおい、そのパーツや、コードって先に分かったはずだよね・・・
急な差し込み、しかも急ぎっておかしくないか?
しまいには、遅れる責任をフロント側に押し付ける・・・

よくある話だ・・・・・

「InとOut」 受け取るデータ、渡すデータを先に握ってしまえば、お互いの領域が明確になり後々の問題には成らない。

開発の絡む仕事だけではなく、必ず、打ち合わせの最後に、確認します。
そういえばこのページの 「InとOut」 ってなんでしたっけ?

原稿作成も、コンテンツ造りも 「InとOut」 が必要です。

普段からくだらない情報もInしておくと思わぬところでOutできるときがあります。

何事も 「InとOut」 これ重要です。

ではまた

Ai DX FreeBSD12 WEBディレクション wordpress 思考 技術

“In(イン) と Out(アウト)” への1件の返信

  1. ピンバック: それでも,早く安く – WEBディレクターって なんですの?