継続性と即効性

制作物を作るとき、あなたは、継続性と即効性を考慮をしていますか?
これはコストバランスとも言えます。

基本、しっかりとしたものを創る事の方が良いのですが、様々な状況で全てを造れない場合が発生します。

勿論、必要最低限のクオリティは必要ですが、作りこんだものは不要になったりします。

例えば、河原で数人のバーベキューをしていて、箸が人数分なかった時、近くのコンビニで割り箸を購入すると思います。
割り箸としては少し割高でも、高級な箸を用意しようとは思わないはずです。

WEB制作で、突然、高額な費用が提示されたりします。
データベースやサーバーサイドスクリプトが絡むと桁数が馬鹿みたいに違ったりします。
不誠実な場合も、ありますが、使われ方や目的、予算も提示せずに見積もりを依頼すれば、仕方ないのかもしれません。

普通に箸と言えば、家で使う、そこそこのものを想像するのは、当たり前の話だからです。

いつから、どれくらいの期間、誰が、どれほどの頻度で、どんな風に使うのか?
それがわかって、初めてコストと向き合うことができるはずです。

不要なものを明確にして、効率化してから、造り込みをやってみると、楽しいです。
大抵の仕事は余裕など無く終わってしまうのですが、たまには、そんな仕事が作れます。

その時の贅沢感は格別です。
まるでショートケーキのイチゴを・・・・

私ですか?
もちろん最後に食べるタイプです。
ではまた。