AI 「チャットGDP」について

最近Aiチャットを使ってみています。
何となく、わかってきたことを書いてみます。

個人的な感覚ですが2024年のチャットGTPは・・・・
めちゃくちゃ辞書を早く引ける素直な小学生といった感じです
得意なことは、判例や項目を出すこと、
メールや原稿の元文章の提案、文章の校正などです。

「得意なこと」「不得意なこと」をChatGPTに聞いてみました。
https://chat.openai.com/share/3d1378fe-57d2-4bfc-b91f-44bf68ac534a

ChatGPTは、さまざまな質問に答えることや会話を通じて情報を提供することなど、幅広いタスクに対応するのが得意です。具体的には、以下のようなことに活用されます。

  1. 一般知識の提供: 歴史、科学、文化など幅広い分野に関する情報を提供します。
  2. 質問への回答: ユーザーが持つ疑問や質問に答えます。
  3. 会話のサポート: ユーザーとの会話を通じて情報を提供し、意見交換を行います。
  4. 文章の生成: ユーザーからの入力に基づいて文章を生成します。例えば、小説や詩の一部を作成することも可能です。
  5. 語学学習の支援: 語彙や文法の解説、会話練習の相手などとして活用されます。

その他にも、様々な場面でChatGPTは活用されています。

ChatGPTの不得意な点もあります。具体的には、以下のような点が挙げられます。

  1. 実時間性: リアルタイムの応答が求められる場面では、処理速度が遅いことがあります。
  2. 深い専門知識: 専門的な分野に関する深い知識や専門用語の理解には限界があります。
  3. 文脈の把握: 一度のやり取りだけでなく、長い対話や複数のコンテキストを理解するのは難しい場合があります。
  4. 感情の理解: テキストから感情を読み取ることはできますが、感情に対して適切な反応を示すことは限られています。
  5. 創造性の欠如: 新しいアイデアや独創的な解決策を生み出す能力には限界があります。

これらの点を踏まえて、ChatGPTは一般的な情報提供や会話サポートに向いていますが、高度な専門知識やリアルタイム性が求められる場面では限界があることを覚えておくと良いでしょう。

本人曰くそういうことだそうです・・・・

私的にはレポートのプロット案出しコーディングの際に言語ごとの記述形式の辞書メール文のテンプレ文章の校正などをに使うことが多いです。

正確性の問題から、
そのまま使うには、まだまだのところはあり判断はしないといけません。

コードを書かせてもバグばっかりでまだまだ

たまにいる「指示待ち妖怪」のスタッフのようではありますが、効率やスピードを考えるとそこそこ良いアシスタントではあります。


てなことを聞いてみたりしました・・・・(笑)
https://chat.openai.com/share/0c0fdaea-394d-4b97-ae29-c91f2c0b79f4



Ai DX FreeBSD12 WEBディレクション wordpress 思考 技術